読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアの「学び方」「働き方」 ときどきクラウド♪

■FACEBOOKもやってます! https://www.facebook.com/masahito.tomimoto

クラウドの普及について歴史から読み解く


 歴史から学べとよく言います。

クラウドコンピューティングはどうなるのか?

メインフレームからクラサバ(C/S)その後クラウドへと向うシステムの変遷を振り返れり先を予測してみました。

ベンダー利益相反の抵抗はあっても、
時世が求めるものは必ず普及しているよういに思います。

ただ、たっぷりと時間をかけて。


以下、ITpro記事から抜粋

$クラウドコンピューティング

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20100426/347489/

--------------- ここから -----------------
かつてはコンピュータを新機種に入れ替えるたびにソフトを作り直していた。新旧のコンピュータでソフトの互換性が保たれていなかったからである。コンピュータ本体の値段がソフト開発費より当時は高かったこともあり、コンピュータ利用とはそういうものだとされていた。

 しかし、コンピュータは安くなり続け、その一方でソフト開発費は上昇を続けた。いちいち作り直すのは大変だということで、機種間の互換性がとられ、開発したソフトをたとえコンピュータを入れ替えたとしても継続利用できるようになった。

 それでもソフトにかかるお金は増え続けた。いったん動かしたソフトを使い続けるには、エンジニアを張り付けて保守しなければならない。新しい要求に応じて、新しいソフトを作る仕事も当然ある。

 というわけで、ホストコンピュータ(メインフレームオフコン)上にソフトを集中させていた時代においても新旧ソフトが混在し、ソフトの開発費と保守費は増大していった。エンジニアの数や生産性の向上には限りがあるから、利用者の要求に迅速に応えることが難しくなった。いわゆるバックログ問題である。

 この問題の解決策として、1980年代の終わりから1990年代にかけて、クライアント/サーバー(C/S)という仕組みが言いはやされた。UNIXサーバーとパソコンを組み合わせ、サーバーに置いたリレーショナルデータベース管理システムRDBMS)をパソコン上のソフトから利用する。C/Sはホストより価格が安くて済み、ソフトを開発しやすいと言われていた。

 確かに、RDBMSに格納してあるデータを加工するアプリケーションの場合、C/Sは大変便利な仕組みであったが、販売管理や生産管理といった従来からあるアプリケーションについてみると、開発や保守にかかる手間はホスト時代からさほど改善しなかった。

 ここに登場したのがERPパッケージソフトである。アプリケーション群と統合されたデータベースがあらかじめ用意されており、C/Sの仕組みで動く。パッケージソフトはホストの時代からあったが、C/Sの時代になって普及に弾みがついた。特に日本においては、ERPとC/Sを一緒に導入することが多かった。

 だが、すべてのアプリケーションをERPとC/Sに置き換えるのは難しかった。バッチ処理や対外接続用途でホストを利用し続け、C/S上の新規開発ソフト、そしてERPパッケージが混在することになった。

 1990年代後半になるとインターネットの利用が進み出し、Webを中心にソフトを動かすようになっていった。2000年代に入り、アプリケーションを自社で保有せず、インターネットを介したサービスとして使うやり方(ASPSaaSクラウドなど)が登場してきた。
--------------- ここまで -----------------

にほんブログ村 IT技術ブログ ネットワーク・SEへ
にほんブログ村