読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアの「学び方」「働き方」 ときどきクラウド♪

■FACEBOOKもやってます! https://www.facebook.com/masahito.tomimoto

【インフラエンジニアの将来】 メーカーエバンジェリストの見解!

インフラエンジニアの将来

先日、Microsoftエバンジェリストである知人に会い、インフラエンジニアの将来について意見を伺いました。

 

以下、同氏の見解を備忘録目的で以下に記します。

 

▼最近では、開発環境(VisualStudio)上からクラウド仮想マシンの立ち上げやスケールなどの操作が簡単に行えるようになった。

▼そして、仮想マシンのサイズ(パフォーマンス)も年々大きくなっているため、例えばロードバランサを絡めた複数台のサーバーなどの複雑な構成のシステムの需要も減りつつあるように思う。

▼また、あらゆる技術の進化によりインフラ部分を開発者でも操作出来るようになってきている。

小規模なシステムは上記の理由から、インフラエンジニアの出番がなくなっていくと思うが、それなりの規模のシステムは開発の片手間で出来るようにもなるように思えない。

▼現在、プロジェクトの現場では、開発側とインフラ側の乖離があるように思う。よってインフラのことが分かっている開発者、逆にアプリの都合を分かっているインフラエンジニアが少ないので、将来的には開発側の都合も理解したインフラエンジニアが重宝されるのではないかと感じている。とのこと。

にほんブログ村 IT技術ブログ ネットワーク・SEへ
にほんブログ村